駅前に多くの店舗を構える不動産屋

地方ならまだしも、東京や大阪などといった都会では、家賃の高さからどうしても妥協をしなければいけないことがあります。
しかし良い不動産屋と出会うことによって、驚きの家賃で素晴らしい賃貸と出会うことも出来るのです。 よくターミナル型と呼ばれている不動産屋がありますが、このタイプは主要となる駅前などに店舗を構えて営業をしています。
ターミナル型の特徴は、流通物件を中心に取り扱っており、その不動産屋だけが持っている物件といった隠し物件はほとんどありません。

 

ターミナル型の不動産屋を利用する人が多くいますが、その理由はやはり抱えている物件数の多さと、またエリアが非常に広いということです。
また、不動産屋の拠点は、ターミナル型と言われているように、駅前などの沿線上にあるので大変便利です。

 

一般的な不動産屋とは違い若い世代の従業員は数人で対応をしているのがターミナル型不動産屋の特徴です。
賃貸アパートやマンションを探しに来た客に対して、多くの物件を契約させたいという意識が高くはなっていますが、親身になって考えてくれることでしょう。

無添加 化粧水チェック
http://kome-hacco.com/
無添加 化粧水



駅前に多くの店舗を構える不動産屋ブログ:21 7 2017

未熟児で生まれたあたしは病弱で、
小学校に入るまでは病院と縁が切れず、
入退院をくり返していた。

歌が得意なあたしは、
ベッドの上でおもちゃのピアノを叩いては歌い、
看護婦さんにあめ玉や板チョコをもらっては、
上機嫌だったと母に聞かされた。

「三つ子の魂百まで」と言うけれど、
あたしのピアノ好きはその頃から始まったらしい。

あたしは戦後の混乱の中で小学校に入学した。
先生のピアノ伴奏に合わせて歌いながら
あたしもピアノがほしい、
弾けるようになりたいとずっと思っていた。

しかし敗戦後の衣食住にもこと欠く時代のこと、
バラック住まいのあたしの家にピアノは高嶺の花だった。

あたしが高校生になって間もない頃、
同じコーラス部に席を置く友達の家に遊びに行った。

応接間に黒塗りのピカピカのピアノが鎮座し、
友達が「弾いてもいいよ」と鍵を開けてくれた。

あたしは学校にある壊れかけたオルガンで練習していた
「春の小川」を両手で弾いてみたが、
あたしの春の小川はさらさら行かなかった。

友達の家で恐る恐る触れた鍵盤のひんやりと冷めたい感触と、
お腹にズンと響く重い音が、ピアノへの憧れを一層募らせた。

興奮さめやらぬあたしは
その18時、父親にピアノを買ってほしいと懇願した。

父親は一瞬、困惑した表情をみせたが…

「この狭い家にピアノを置く場所が何処にある。
ピアノを弾く暇があったらもっと母さんの手伝いをしろ!」

吐き捨てるように言うと
父親は乱暴に障子を開け部屋を出て行った。

あたしは唇をかみしめ、
父親の少し痩せて小さくなった背中を見送った。
それ以後、ピアノの事は一切くちにしなかった。